2千年前から確認されていた心身の変化

約2千年前に書かれた中国最古の医学書『黄帝内経』(こうていだいけい)では、人が生まれてから死ぬまでの一生の変化が、以下のように説明されています。

10~30歳

「10歳になると五臓が発育して一定の丈夫さになる。血気はよく働きめぐり、走り回るようになる。20歳になると、血気が盛んになりはじめ、肌の調子もよく筋肉も発達し、行動がさらに敏捷になり、歩くのが早い。30歳になると五臓は強くなり、全身の肌や筋肉も堅固になり、血気は充ちて盛んになり、歩き方はおだやかで、落ち着き払って歩くことを好むようになる」

 

40~50歳

「40歳になると、五臓六腑のすべてが健全で、これ以上成長しない過程となり、このころから肌が柔らかくなりはじめ、顔色のつやが次第に衰えはじめ、毛髪が白くなりはじめ、血気が安定して盛んになってそれ以上発展できない段階に到達し、精力が充分に充ちてこないので、座ることを好むようになる。50歳になると、肝気が衰えはじめ、胆汁も減少するので、目がぼんやりかすみはじめる」

 

60歳以降

「60歳になると、心気が衰えはじめ、いつも憂い悲しみ、血気はすでに衰え、その動きもスムーズではなく、からだが怠惰になるので、横になることを好むようになる。70歳になると、脾の気が虚弱になり、皮膚は乾燥してカサカサになる。80歳になると、肺の気が衰弱し、ことばをしばしば間違えるようになる。90歳になると、腎気が枯渇し、血気もなくなってしまう。100歳になると、五臓に貯蔵していた気がすべてなくなってしまい、死んでしまう」

 

五臓とは、漢方の考える内臓の基本となる臓器で、肝、心、脾、肺、腎のことで、六腑とは、大腸、小腸、胆、胃、三焦(リンパ管)、膀胱で、あわせて五臓六腑といいます。

 

『黄帝内経』に記述があるように、古代から40~50歳には老化がはじまることが認識され、西洋医学の更年期と同様の考えが東洋医学にもあったということがわかります。

 

また、寿命には個人差があることも記述されており、長寿の要因は「五臓六腑が丈夫で、それぞれの機能が正常で、血脈がよく調和し、全身の気も正しくめぐっている」といった心身のバランスのよい状態であるといっています。バランスが悪い人は長生きができないとの記述もあります。

 

2015年11月20日更新