更年期障害と女性ホルモンの変化

 

 

女性の一生と女性ホルモンの変化

女性の一生は、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)に支配されているといっても過言ではありません。

 

エストロゲンとプロゲステロンは、思春期ごろから増えはじめ、20~30代前半でピークになり、妊娠・出産に最適の時期を迎えます。30代後半からは卵巣機能が低下、それにともない40~50代にかけてエストロゲン(卵胞ホルモン)が激減し、60代になるとほとんど分泌されなくなります。プロゲステロン(黄体ホルモン)も排卵がなくなると減少し、エストロゲンと同様に閉経後はほぼゼロになります。40~50代では、エストロゲンとプロゲステロンのふたつの女性ホルモンの全体量が減り、さらに女性ホルモンのバランスが崩れ、からだや心にさまざまな影響(更年期障害)がでてきます。

 

卵巣は初潮から約30年でその機能が低下し、だんだんエストロゲンをつくらなくなり、閉経を迎えます。閉経前後の10年を更年期といい卵巣の機能が大きく変動します。更年期は、初潮を迎えた10代に卵巣機能の稼動期間30年を加えた40代、一般には40代半ばころからはじまりますが、個人差もあり、早い人では30代後半からはじまり、遅いと50代半ばを過ぎても月経がある人もいるなどさまざまです。

 

 

閉経について

更年期を迎えると、卵巣機能の老化により月経のおこり方に変化があらわれます。突然月経がこなくなるという場合もありますが、多くの場合、月経の日数が短くなる、定期的にきていたのに周期が短くなったり長くなったりする、出血量が減るなど、月経が不順になり、2~3ヶ月に1回、半年に1回と忘れた頃にやってきて、その後、まったくこなくなり閉経を迎えます。日本人の閉経平均年齢は約50.5歳となっています。

 

閉経を迎えると「もう女性ではない」「女性として終わってしまった」とネガティブに考えることが多いようです。また閉経を迎える前後の更年期は、親の介護や子供の独立、将来の不安など家庭や社会環境のストレスも多く、悩みをかかえ落ち込む時期でもあります。

 

しかし、更年期は、女性なら誰にでも訪れるものであり、月経のわずらわしさや子育てから開放され、自由になる時間も増える時期でもあります。また、健康に老年期を迎える準備をする大切な時期でもあり、第二の人生のスタートといえます。

 

習い事をはじめる、資格を取る、運動や趣味の時間をつくる、よい食習慣をつけダイエットをするなど、今までチャレンジできなかったことにトライして、この時期をポジティブに乗り切ることが、その後の人生を左右するといっても過言ではありません。

 

2015年11月21日更新