ホルモンバランスの乱れからくる更年期の不調には解決を焦らないとが重要

ホルモンバランスが崩れる更年期には体調に波があり、いったん調子が悪くなるとそれにより心の落ち込みもひどくなり、うつ状態になったり、自分を無価値な存在だと思い込み、悲観的になったりします。

 

自信を失うと解決を焦り依存的になりやすく、周囲の人に過度な期待をもち、うまくいかないと逆切れしたり、八つ当たりをしたりしてし、さらに不調になり落ち込むという悪循環におちいります。焦っても不調で不安な状況から脱することはできないことを自覚し、心を落ち着かせ、ポジティブな気持ちになれるまでゆったりと待つことが大切です。

 

マルチビタミンが心身を元気に

更年期で心とからだが不調になったとき、簡単にできることとして、健康増進や不調を防ぐ効果のあるマルチビタミンをのむことがあげられます。薬のような即効性はありませんが、とり続けることにより徐々に全身の代謝が活発になり、心もからだも元気になっていきます。

 

マルチビタミンミネラルのサプリメントを健康な人にとってもらった研究では、マルチビタミンミネラルはストレス、不安、だるさなどを低下させ、メンタルヘルスケアの向上に有効との報告があります。ビタミンやミネラルは、体内でたんぱく質から生合成される代謝を媒介する酵素が必要とする補酵素として働きますが、体内ではほとんど生合成されないため毎日の食事からとる必要がありますが、食事だけで十分にとることは難しいのも現実です。マルチビタミンミネラルをサプリメントでとることで食事を補い、エネルギー代謝の効率をよくすることができます。

 

 

マルチビタミンの抗酸化作用

マルチビタミンには、からだをサビさせる活性酸素の作用を抑える抗酸化作用もあります。

 

活性酸素が増えると、エネルギー代謝が滞り疲労感がつよくなります。代謝をサポートするとともに抗酸化作用もあるビタミンB6などのビタミンB群が必ず配合され、抗酸化ビタミンのビタミンC、ビタミンE、ビタミンAの前駆物質であるβカロテンなどとともに、抗酸化ミネラルのセレン、亜鉛などやポリフェノールなどのファイトケミカルも多くの場合配合されています。

 

米国産のマルチビタミン剤は、たくさんの種類のビタミン、ミネラル、ファイトケミカルが配合されていますが、粒が大きくのみにくいので、粒が比較的小さめの国産サプリメントとほかのファイトケミカルのサプリメントを併用する方法もあります。高麗人参やマカなどの滋養強壮に効果のあるサプリメントにも、天然のビタミン、ミネラル、アミノ酸、ファイトケミカルが豊富に含まれ、更年期の不定愁訴にも効果があります。

 

2015年11月21日更新