女性の変化は7の倍数の年

『黄帝内経』では、心身の変化の性差について、女性は7歳ごとに、「女性は7歳になると、腎気が盛んになり、歯が生えかわり、毛髪が伸びる。14歳になると、月経がはじまり妊娠が可能になる。21歳になると、腎気が充実し、親知らずが生えそろい、身長も伸びる。28歳になると、筋骨がたくましくなり、毛髪ももっと長く、身体は盛壮となる。35歳になると、陽明の脉が衰え、顔がやつれはじめ、脱毛がはじまる。42歳になると、三陽の脉が衰え、顔のやつれが広がり、白髪が生えはじめる。49歳になると、閉経し、老衰しこどもができなるなる」とし、男性は8歳ごとに節目をむかえるとしています。

 

 

陽から陰へ、実から虚へ

東洋医学で老化は、熱のある【陽】の状態から冷えている【陰】へ、筋肉質でがっしりしている、積極的、疲れにくい、胃腸が丈夫といった特徴の【実】から痩せ型で水太りしやすい、消極的、疲れやすい、胃腸が弱い状態の【虚】へ、心身が変化しているととらえられています。古代中国では、すべてのものが【陽】と【陰】のふたつの要素で成り立っていると考えられており、からだにも新陳代謝が低下した【陰】と新陳代謝が活発な【陽】の状態があり、老化は、【陰】が【陽】よりも強くなっていく変化と考えられています。

 

また、中国の古典には、「女性は【虚】になることで非常に冷えて、その冷えがからだの中につもり、気が滞り、いろいろな病気になる」と記されおり、女性は【陰】と【虚】の状態が一緒になり、病気がおこりやすくなります。40歳から55歳までのプレ更年期、更年期では、陽から陰へ、実から虚への過渡期をへて、完全な陰と虚にむかう直前の時期になります。この時期は、漢方の老化の流れから見ても、心身ともにとても大きな変化がおこる年代といえます。

 

 

女性ホルモンの減少でおきる不調

加齢によって臓器は老化し、機能が衰えます。女性特有の臓器、卵巣も例外ではなく、老化により卵巣機能が衰え、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの量が減ると、月経の周期が乱れだし、月経の周期が短くなったり(頻発月経)、長くなったり(稀発月経)します。40歳以降の頻発月経は、卵巣の機能が低下しはじめたことにより排卵が早まったことなどが原因で生じますが、これは閉経を意識すべき兆候といえます。月経周期が不規則になりながら、やがて月経はこなくなり、閉経を迎えます。日本人女性の閉経平均年齢は50.5歳です。

 

女性ホルモンのうち女性らしさをつくるエストロゲンが減少しだすと、呼吸や心拍、循環、消化など生命を維持するために必要な神経である自律神経のバランスがくずれ、ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)、冷えや寒気、発汗、めまい、動悸などの不調があらわれます。その後、倦怠感、不安、憂うつ、不眠といった心の症状もあらわれ、さらには、骨量の減少、肌の乾燥、膣の乾燥、粘膜の萎縮などが徐々に進み、これら症状が、閉経後顕著になります。高脂血症、高血圧、動脈硬化症なども、エストロゲンの減少が要因となっており、コレステロールをため込みやすく数値が高くなり、太りやすくなります。

 

 

環境や性格も症状を左右

不調のあらわれ方には、個人差があります。不調を強く訴え、病院にいかなくてはならないほどつらい人がいる一方、ほとんど不快な症状を感じないまま閉経を迎える人がいます。この要因のひとつに、ストレスがあげられ、ストレスが多いと更年期障害の症状が強くでやすいといわれています。

 

40歳以上の世代は、自分自身の職場や近隣の人間関係や仕事の責任やプレッシャーなどのほか、こどもの受験、就職、結婚などの将来、夫のリストラや夫婦間の問題、両親の病気や介護など、家庭内のさまざまな問題に悩み、強いストレスを感じている人も少なくありません。これらのストレスに加え、多忙による不規則な生活、食生活の乱れ、過労や睡眠不足なども含めた環境要因が、脳を通じて自律神経やホルモンに影響をあたえ心身に変調をきたし、これら環境要因のストレスが過度になると重症化すると考えられています。

 

また性格があたえる影響(気質要因)もあり、几帳面で完璧主義の人が更年期障害になりやすいといわれ、あまり物事を気にしない性質で、前向きな思考の人は、症状がでにくい傾向があります。

 

2015年11月27日更新